きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「GFI System」!インドネシアのエフェクターブランドがラインナップを一新!

インドネシアのハンドメイドエフェクターブランド、GFI Systemのラインナップが一新して日本に再上陸です。アナログペダルだけでなくデジタルペダルも入ってきていますね。それぞれ見てみましょう。

GFI System JONASSUS DRIVE

まずはこちら。オーバードライブです。ローゲインとミディアムゲインの2チャンネル仕様。それぞれLowとHighというチャンネル名となっています。それぞれのチャンネル個別のVolとGainコントロール、および共通のToneコントロールを搭載。中央にクリッピング切り替えボタンがあり、これはチャンネルごとに記憶できるようです。クリッピングは非対称ダイオード、対称ダイオード、対称LEDクリッピングから選択可能。

背面にあるDIPスイッチで、2chペダルとして使用するか、ブースト付1chペダル(LowまたはHighのみ)として使用するかを選択することもできます。


GFI Systems Jonassus pedal - A seriously versatile overdrive pedal!

GFI System SPECULAR TEMPUS

続いてこちら。ディレイとリバーブを組み合わせた多機能デジタルペダルです。17種類のディレイ、13種類のリバーブ、そしてディレイとリバーブを組み合わせた6種類のアルゴリズムを収録し、32種類のプリセットを保存することができるペダルです。
Blend、Decay/Time、Param、Intensity/Repeatsコントロールを搭載し、2つのフットスイッチとView/Editボタンを搭載。中央にディスプレイがあり、これで多彩なサウンドを設定、保存、呼び出すことができます。

もちろんタップテンポやステレオインプット/アウトプットにも対応。Aux In、Aux Out、MIDI機能も搭載します。エフェクトループもあり、USB端子を使用すればエディタソフトSpecLabを使ったエディットも可能です。

GFI System CLOCKWORK DELAY V3

こちらはよりシンプルなスタイルのディレイです。ただ、それでも7種類のディレイを収録し、8つのプリセットを保存することができる機能的なモデルとなっています。Blend、Time、Repeats、Paramコントロールを搭載。タップテンポスイッチやMode/Editボタンを搭載。ディスプレイはありませんが、シンプルなスタイルで多彩な機能を実現しています。

ステレオイン/アウトと外部タップテンポ端子を搭載しています。


Clockwork V3 - a Brief Demo

GFI System SPECULAR REVERB V3

こちらもシンプルなスタイルながら機能的なリバーブペダル。7種類のアルゴリズムを収録し、プリセットを保存できるペダルとなっています。Blend、Decay、Tone、IntensityコントロールとMode/Editボタンを搭載。左でON/OFF、右でプリセット選択するフットスイッチの構成ですね。

こちらもステレオイン/アウトと外部タップテンポ端子を搭載しています。


GFI System Specular Reverb V3

GFI System CABZEUS

最後にキャビネットシミュレーターです。ステレオ対応で2つのキャビネットを独立して設定可能。8つのプリセットを設定することができます。L/RそれぞれにEdge/Centerの距離設定ノブと0/-20/-30dBの入力切り替えを搭載。

L/Rそれぞれのインプット、スルーアウトとアウトプット、およびボリューム付ヘッドフォン端子やMIDI、USB端子を搭載します。USBはCabsLabというソフトを使ってアルゴリズムをカスタマイズする際に使います。


GFI System Cabzeus
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

レクティークの限定/ショップオーダーで製作される「2 in 1」モデル、まとめます。


Leqtiqueが、そのラインナップの中から2つのモデルを1つにまとめた2in1モデル。すごい数が出ているので、まとめてみたいと思います。

続きを読む

「Danelectro BILLIONAIRE series」!レトロな独自筐体を使用したダンエレ新作エフェクター!


長年にわたり独自のスタイルで様々な楽器を製作するDanelectro。新しいエフェクターシリーズが登場です。
「BILLIONAIRE series」。独自の筐体を使ったエフェクターのシリーズです。5モデル、見てみましょう。

Danelectro BILLIONAIRE series BC-1 CASH COW

まずはオーバードライブ。テキサスなブルースサウンドを作るというペダルです。Volume、Gain、Treble、Bassコントロールを搭載しています。
サンプルムービー

Danelectro BILLIONAIRE series BP-1 PRIDE OF TEXAS

続いてディストーション。ディストーションといいながら、クリーンブーストからオーバードライブなど広くサウンドをカバーするペダルです。コントロールはVolume、Gain、Treble、Bassです。
サンプルムービー

Danelectro BILLIONAIRE series BB-1 BILLION DOLLAR BOOST

次はブースター。Volume、Treble、Bassコントロールを搭載したブースターですね。80年代にUKシーンで使用されたペダルが元ということです。
サンプルムービー

Danelectro BILLIONAIRE series BT-1 FILTHY RICH

こちらはトレモロ。Speed、DepthとHard/Softスイッチのみのシンプルなスタイル。40年代後半のアンプに搭載されたトレモロを再現しています。
サンプルムービー

Danelectro BILLIONAIRE series BK-1 BIG SPENDER

ラストはこちら。レスリースピーカーシミュレーターです。Speed、Treble、Volumeコントロールを搭載。スピニングスピーカー、ロータリースピーカーとも言われますが、そのサウンドを再現しています。EFFECTフットスイッチとRAMPフットスイッチを搭載。RAMPでスピードの加速、減速が可能。加速と減速はRAMPを押しながら電源を入れることで切り替えることができます。
サンプルムービー
 
全てトゥルーバイパス。50sアメリカンクラシックカーをイメージしたカラーやデザインの筐体が渋いペダルですね。
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Fender Effects Pedals Series」!フェンダー新作エフェクター!6モデル!


数々のギターやベース、そしてアンプや小物類を製作するFender。ですがエフェクターはあまり作られていません。
「ミュージシャンが使える表現ツールを作る」という原点に立ち返って製作されたという、その名も「Effects Pedals Series」。まんまじゃねーかってかんじですが、そのまんまですね。
6機種出ています。それぞれ見てみましょう。

Fender USA Santa Ana Overdrive Pedal

まずはこちら。ブースト付オーバードライブ。FETを用いたペダルです。Bass、Middle、Treble、Presの4バンドEQとLevel、Driveコントロール。さらに2モードのVoiceスイッチを搭載。ON/OFFインジケータはFenderアンプのジュエルを使用。Drive BoostとLevel BoostのLEDがありますね。さらに各ノブにもLEDが付いていて、暗いところでもセッティングが分かるようになっています。
サンプルムービー

Fender USA Pugilist Distortion Pedal

次はディストーション。2つのディストーションを内蔵し、それをブレンドして音を作ることができるペダルです。Tone A、Gain A、Tone B、Gain B、A/Bブレンド、Levelコントロールを搭載。ブレンドをパラレルブレンドではなく、シリーズ接続に切り替えることも可能。さらにBass Boostスイッチも付いています。
これはかなり面白そうなペダルですね。
サンプルムービー

Fender USA Level Set Buffer Pedal

こちらはけっこうマニアックなペダルです。「トーンを損なうことなく複数のギターを使用する」際に音量を合わせるバッファペダルです。Level、Hi-Freq、そしてLoadスイッチを搭載。フットスイッチはMuteスイッチとなっています。
サンプルムービー

Fender USA The Bends Compressor Pedal

続いてコンプレッサーです。ナチュラルなコンプレッサーということです。Drive、Recovery、Level、そしてBlendコントロール搭載。クリーンブレンドが付いてるコンプレッサーってギター用だと意外とないんですよね。ON/OFFのインジケータが通常は白で、コンプレッサーが動作しているときはピンク色になって動きが分かるということです。
サンプルムービー

Fender USA Mirror Image Delay Pedal

次はディレイです。デジタル、アナログ、テープの3種類のディレイタイプを選択できるペダルです。モジュレーションも追加できます。Level、Time、Feedback、Rate、Depthコントロールを搭載。Typeでディレイタイプを選択し、さらにVariationスイッチで各タイプのディレイサウンドを2種類から選択できます。また、Dotted 1/8スイッチでディレイタイムを付点8分モードにすることもできます。4分でディレイタイムを設定し、このスイッチを入れると付点8分になるという感じですね。
サンプルムービー

Fender USA Marine Layer Reverb Pedal

最後にリバーブです。こちらもHall、Room、Shimmerリバーブタイプを選択可能。Pre Delay、Reverb Time、Damping、Levelコントロールを搭載。プリディレイ設定できるの良いですね。ディレイ同様、TypeスイッチとVariationスイッチを搭載。各タイプ2種類ずつのサウンドを選べます。さらにFilterスイッチでフィルタをかけることも可能となっています。
サンプルムービー
 
ということで、Fenderのエフェクター各種でした。
これまでフェンダーのペダルって、本格ファズのBlenderはともかく、最近のモデルはなんか低価格なモデルだったり、いわゆる「OEM」な感じのモデルが多かったですね。今回のシリーズもそうかもしれませんが、見た感じ、他では見ないオリジナルな要素もあるように思います。そしてノブが光ったり、フェンダーアンプのジュエルが使われていたり、そしてかなりコントロール系統などこだわりが多くて面白いですね。
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

ラック復権!?ペダルボードより運搬性の高いコンパクトラックというスタイル

ハイエンドなデジタルマルチエフェクター/デジタルアンプの台頭により、まだまだ主流ではありませんが、「ラック」を組むプレイヤーが少しずつ出てきている感じがします。
さすがに80年代のように100万円以上かけて冷蔵庫みたいなシステムを組んでいるプレイヤーはほとんど見かけない(トッププロくらい)ですが、ハイエンドなデジタル機器を使用したコンパクトなラックシステムというスタイルが、同等のことをペダルボードでやるよりも軽量かつ小さなシステムが組める、という考え方が出てきていますね。
どんな感じのラックが組まれているのか、軽く見てみたいと思います。システムのタイプ別にブランド名順に載せます。

  • メイン機材:デジタルマルチエフェクター/アンプ

システムの中心となる、デジタルマルチエフェクターです。デジタルアンプ、と呼ばれることもあります。

Fractal Audio Systems Axe-Fx II XL+

最強マルチエフェクター、Axe-Fxです。次世代モデルも発表されていますね。現行は2U、新バージョンは3Uとなります。どちらもパワーアンプは搭載されていません。
258アンプモデルや189キャビネットモデルなど、数多くのアンプシミュレーターに加え、多数のエフェクトを収録。全てのクオリティが最上位クラスです。それらを768プリセットまで保存でき、各プリセットごとに8つのシーンを設定可能です。

Kemper Profiling Amplifier Rack

モデリングではなくプロファイリングというスタイルで数々のアンプサウンドを作ることの出来るモデル。多くのエフェクトも収録しています。操作感覚はマルチエフェクターよりもアンプに近いモデルです。プロファイリングしたアンプはリグとして保存した上で、Gain、Bass、Midd、Treble、Presenceコントロールで音を調整したり、さらに真空管の特性を変えてみたりすることも可能。キャビネットモデルだけを変えることもできます。プロファイルしたRIGというファイルはネット上で共有することも可能です。歪みやコンプレッサー、リバーブ、ディレイ、ローファイ、ロータリースピーカー等のエフェクトを搭載。そして、プロファイリングしたアンプやキャビネットをミックスしたり、新たなEQをかけたりすることも出来ます。さらにマスターエフェクトとしてディレイやリバーブをかけることも可能となっています。

Kemper Profiling Amp Power Rack

さらに600Wパワーアンプを搭載したモデル。そのままキャビネットに出力することもできます。

Line6 Helix Rack

Line6が誇る最高峰のマルチエフェクターのラックモデルです。6.2インチ 800x480 ピクセル 大型カラーLCDディスプレイを搭載し、PRESET、Tone、Feedback、Key、Scale、Mix、Levelノブ、方向キー、VOLUME、PHONESコントロール、TAP/TUNERボタン、および8つの操作キーを搭載。
デュアルDSPでクラシックからモダンまで、アンプ、キャビネット、マイク、エフェクトを忠実に再現するという新しい「HXモデリングエンジン」を用いたハイクオリティエフェクトやモデリング、そしてシステム全体を管理できる多彩な入出力端子、機能を搭載。4系統のディスクリートステレオシグナルパスによる内部の自在なシグナルラインの構成を実現。45種類のアンプ、30種類のキャビネット、16種類のマイク、70種類のエフェクトを収録します。

Positive Grid Bias Rack Processor

Bias AmpシリーズのソフトウェアやBIAS iPad / BIAS iPhoneとの連携もできるモデル。本体には、Glassy、Clean、Blues、Crunch、Metalの5種類のアンプタイプを収録。各タイプに5種類ずつのアンプモデルを設定することが出来、25種類のアンプをプリセット可能となっています。多彩なパラメータを設定可能。プリアンプの作りを設定するセクションには5段階のステージ、Bright/Normal切り替えスイッチ、Distortionコントロールを搭載。パワーアンプをイメージするセクションにはアンプの“トポロジー”をSingle Ended、Split Loud、Push Pull、Solid Stateから選択可能。つまりアンプの構造をイメージして選択できます。それとPower Ampコントロールを搭載します。さらにカスタムパラメータとキャビネットシミュレータのON/OFFスイッチがあります。これでアンプ全体の特性を調整します。そして、上段のノブで調整したアンプを、さらに下段のGain、Bass、Middle、Treble、Presence、Master、OutputとModern、Vintageの切り替えスイッチで操作することができるというコントロール構成となっています。こちらはパワーアンプなしのモデル。

Positive Grid Bias Rack

同じ機能で600Wパワーアンプを搭載したモデルです。
 
だいたいこのあたりですね。KemperとBiasはパワーアンプ搭載モデルもあり、それぞれ3U、2Uラックをキャビネットの上に置いてアンプヘッドとして使うだけでシステムを完結させることもできます。(別途フットスイッチは必要となるかと思いますが、その辺は全モデル同じですね。)

  • パワーアンプ

FractalやLine6、またKemper、Biasのパワーアンプなしモデルに加えるラック型パワーアンプです。KemperやBiasも、本体内蔵のパワーアンプではなく、パワーアンプ専用モデルを使うことでよりハイクオリティな音色を狙う場合もあります。
ラック型パワーアンプはかなりたくさんあるんですが、1Uの現行モデルからいくつか載せてみます。

Fryette Power Station

6L6真空管を搭載した50Wパワーアンプです。コンパクトな卓上型モデルですね。
ラックマウントキットを使うことで、1Uパワーアンプとしても使うことができます。

Koch ATR-4502

オランダのアンプメーカー、KOCHのステレオパワーアンプです。45W+45Wの90W出力。12AX7真空管を2本搭載しています。

Matrix GT1000FX

FractalやKemperと組み合わせると相性が特に良いと人気のモデルです。MOSFETを用いた500+500Wの1000W出力のパワーアンプです。
 
とりあえずこのあたりでしょうか。パワーアンプもいろいろなモデルがありますが、10万円前後のものが主流のように思います。

  • その他機材

KORG Pitchblack Pro

ラックマウントチューナーです。光るとかっこいい。もちろん実用的で視認性も高いですね。Petersonとかはさすがにガチすぎるので、このモデルが今は主流ではないかと思います。KemperやFractal、Helixにもチューナーはあるので、それらを使うこともできます。

Line6 Relay G90

1Uのワイヤレスです。
トッププロの機材ではSHURE UR4D+-H4HKが今は主流ですが、さすがに50万円くらいするので・・・普通のプレイヤーはこのあたりではないかと。まぁワイヤレスは必要なら入れるって感じかと思います。

ちなみにこれがUR4D+-H4HK。これレシーバーなので別途トランスミッターも必要になります。よくプロのラックの上の方で、黄緑色に光ってる画面が2つ並んでる機材がこれです。

Two Notes Torpedo Live

キャビネットシミュレーターですね。IRロードもできるモデルです。パワーアンプではなくこちらをセットする形もありかなと。ここから直接ミキサーにラインアウトして使うことができます。とはいえAxe-Fxをはじめとするシステムからのラインアウトももちろんできるので、よほどIRにこだわっていないと、デジタルアンプのシステムには不要かもしれませんが・・・。
 
ということで、小さめのラックを考えてみました。ラックシステムだと電源モジュール(ペダルボードでいうパワーサプライ)から考えるのがかつての常識でしたが、これくらいのサイズであればFurman SS-6Bのようなタップ型のモデルで十分ですね。ラック型にするとケースのサイズも重さも増えてしまいますし。

だいたい3U〜4U、ワイヤレスまで含めても5U程度で組めるラックです。マルチエフェクターでもあり、アンプヘッドとしてもそのまま使えるので、自分のヘッドや多数のコンパクトエフェクトを載せた大型ボードを持ち運ぶよりもコンパクトなシステムとなる、というのが特徴です。もちろんMIDIスイッチやそれぞれのモデルに適合する専用フットスイッチなどは使う必要がありますが、それを含めても、コンパクトペダルやアンプヘッドよりもシンプルに完成するということですね。やりたい事次第で、ボードよりラックの方が軽量コンパクトになる、ということが実現しているのが今のデジタルのシステム、ということですね。

かつてのラック全盛期から、90年代後半〜2000年代ごろにラックは一気になくなり、コンパクトペダルが一般的となりました。そして、デジタルの発展にともない、こういったシンプルなラックシステムがまた出てきたというのはちょっと面白いなと思います。
コンパクトペダルのボードが完全に置き換わるか、というとそれはなさそう。両立しつつ使い方に合わせたスタイルとして、どちらも多く使われていくのではないかと思います。
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

2017年、話題の新製品振り返ります! Part.4 10〜12月


では、昨年、2017年の振り返り、ラストです。今回は10〜12月の振り返りです。だいぶ最近のペダルになってきましたね。
Part.1
Part.2
Part.3
では、記事日時順に載せていきますね。

続きを読む


にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy