きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「Presonus Audiobox USB 96」!プリソーナスの新たなコンパクト、手頃なUSBオーディオインターフェース!

多くのオーディオインターフェースやDAW、Studio Oneなどで人気のPresonusから、新しいコンパクトオーディオインターフェースが登場です。
Presonus Audiobox USB 96」。
マイク、楽器用のインプットがフロントに2つ。Phantom電源も供給可能。それぞれの音量と、プレイバック/インプットのミックスコントロール、メイン音量、ヘッドフォン音量をそれぞれコントロールできます。
背面にはUSB2.0端子、MIDI IN/OUT、メインアウトとヘッドフォンアウトが付いています。

とにかくシンプルに作られたモデルですね。電源もUSBバスパワーなので、モバイルオーディオインターフェースとしても使用可能。もちろんDAWソフト、Studio One Artistもバンドルされているので、そのまま楽器や歌ってみたの録音が可能です。
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Native Instruments KOMPLETE 12」!定番の総合音源がアップグレード!アルティメットの上も追加!


Native Instrumentsが発売する、最強の総合音源、「KOMPLETE」シリーズが新しくなりました。
Native Instruments Komplete 12」。4種類のラインナップと、各モデルのアップグレードバージョンが登場です。

Native Instruments KOMPLETE 12 ULTIMATE Collectors Edition

これが今回から追加された最上位モデル、アルティメットの上のモデルです。
形としては、これまでのアルティメットに、Symphonyシリーズがフルパッケージで入ったモデルとなります。あと素材もアルティメットより多く入っています。これまでのアルティメットでは、Symphonyシリーズはエッセンシャルズという機能制限版が入っていました。これも11からで、10まではSymphonyシリーズは一切KOMPLETEには入っていなかったんですよね。

KOMPLETE 12で新しくなったもの。

  • KONTAKTが6に
  • MASSIVE Xが追加に(これまでのMASSIVEはそのまま継続。来年2月の発売と同時にダウンロード可能)
  • TRK-01が追加(キック、ベースを作るシンセ)
  • DISCOVERY SERIES: MIDDLE EASTが追加(25種類のパーカッション音源)
  • SESSION GUITARIST ELECTRIC SUNBURSTが追加(レスポール音源)
  • SESSION GUITARIST STRUMMED ACOUSTIC 2 が追加(アコギ音源)
  • SESSION STRINGS PRO 2にアップデート
  • THRILLが追加(幻想的、空間的な効果のある音源)
  • MOD PACK 3種類が追加(フェイザー、コーラス、フランジャーエフェクト)
  • CRUSH PACK 3種類が追加(ビットクラッシャー、ローファイ、ディストーション)

こんな感じです。一応ULTIMATE以上に全部入っています。各モデルの比較はこちらにあります。

KOMPLETE、11のULTIMATEを持っているんですが、やっぱりあるのとないのとでは全然違いますね。必須かというとそうでもない、でも無いと困る、みたいな音源だと思います。
音源何を買えばいいの〜と迷っている人に勧めるかどうかは微妙ですが、本格的に音楽を作ろうと考えているなら、ULTIMATE以上はあって損しない音源です。

Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Positive Grid BIAS Pro Combo」!Bias Amp 2 ProとFX Desktop Proのバンドル!期間限定プロモーション価格!

ハイクオリティなサウンドを作るギター/ベースアンプシミュレーターとエフェクターシミュレーターでおなじみのPositive Gridから、プラグインバンドルが登場です。
Positive Grid BIAS Pro Combo」。アンプシミュレータープラグイン、BIAS AMP 2.0 Professionalと、数々のエフェクターサウンドを作るBIAS FX Professionalのバンドルウェアです。
8/21の正午までの期間、プロモーション価格で提供される形となっています。
BIAS AMP 2.0 Professionalは、スタンダードモデルの36のアンプモデル、4つのキャビネットモデル、新しいマイクモデルに加え、6種類のGlassyアンプ/3種類のGlassyキャビ、6種類のCrunchアンプ/3種類のCrunchキャビ、6種類のInsaneアンプ/Insaneキャビ、Bluesプリアンプ/Bluesパワーアンプ/6種類のBluesキャビ、Bassプリアンプ/Bassパワーアンプ、6種類のBassキャビを収録。
さらに新しくなったAmp Match機能により、アンプサウンドから「ターゲットを元に自動的に最適なアンプ回路を生成しマッチング」して音を再現可能。さらにソロ演奏のオーディオファイルを解析して音を作る、Axe-Fxのようなマッチング機能も搭載しています。もちろんTone Cloudで作った音を共有することもできます。100タイプのアンプマッチプリセットもあります。
IRをロードすることも可能です。
サンプルムービー

BIAS FX Professionalは32種のアンプと52種のエフェクト・ペダル、10種のラック・プロセッサーを、2系統のシグナルパスで自在に組合わせることが可能なモデルです。
サンプルムービー

 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

DTMミックスの解説動画投稿しました。使ったプラグインレビューなど。


この間投稿したボカロ曲、Seventeen's Dreamを使ったミックス解説動画をアップしました。

DTMのミックスって、ずいぶん難しいもののように言われてる感じがするんですよね。
もちろんプロのエンジニアさんのクオリティを作るのは別の話ですが、十分迫力のあるミックスとか、広がりのあるミックスを作るのはそんなに難しくはないです。ただ、ある程度の基準だったり、形を知らないと「何をしたら良いのか分からない」ものであるのも確かです。
形が分かってしまえば、とりあえずある程度のものを作るのは簡単。そこから先はすさまじく深い世界が広がっていたりもしますが、その最初の基準を見つける手がかりになれば良いなと思います。
この曲はもともと解説動画作るつもりはなかったので、サードパーティプラグイン使いまくりの内容になってますが、基本的に似たようなプラグインでも大丈夫ですし、基準を作るという意味では別にプラグイン関係ないので、そういう参考にはなるかと思います。

動画内のポイントは、基本的なミックスの手順、下処理、センドエフェクト、バランス調整、マスターの調整です。特にキック単品、ドラムトラック、ベース+ドラム、ヴォーカル+リズムそれぞれのレベル設定ができれば、歌モノのミックスはだいたいバランスが取れますね。

では、せっかくなので動画内でも使ったプラグインの感想なんかをちょっと書いてみます。

続きを読む

「MOTU 8PRE-ES」!マークオブザユニコーンの新作オーディオインターフェース!

暖かなトーンのオーディオインターフェースやDAWソフト、Digital Performerなどを制作し、根強いファン層を持つMOTUから新しいオーディオインターフェースが登場です。
MOTU 8PRE-ES」。
1Uラックサイズのオーディオインターフェースです。ESS Sabre32 UltraTM DACテクノロジーによるアナログサウンド、再設計されたマイクプリアンプで、ThunderboltとUSBに対応したオーディオインターフェースです。
内部にDSPを内蔵し、ハードウェア自体から提供されるウェブアプリで制御可能。ハードドライブにソフトをインストールせずに操作することができます。

24インプット28アウトプットに対応。多彩なコントロールができるオーディオインターフェースです。
オーバービュームービー
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

モニタースピーカー買いました!「Pioneer DJ RM-05」!軽くレビューしてみます。


ちょうど先週くらいにDAW、DTM向け自宅用モニタースピーカー特集で、モニタースピーカーを選ぶ上でのこだわりポイントや、実際にいろいろなモニタースピーカー40機種をパート3つに分けて紹介してみました。
そこでも書いてましたが、曲を作ったりするようになるとうちで使っていたモニタ環境が物足りなくなってきて、新しいモニタースピーカーを探していました。
それまで使っていたスピーカーはOwltech OWL-SPWL22というモデル。だいたいペアで5000円くらいだったかな。当時知らなかったんですが、PC用スピーカーとしてはかなり評判が良かったモデルで、実際使っていてそんなに音が悪いと感じたことはありませんでした。価格が価格なので音の細かいところまで見えるってことはもちろんありませんでしたが、普通に音楽を聴いたり動画を見たりする分にはそれほど不満はなかったわけです。
ただ、曲を作って、ミックスをするようになると、定位や各帯域がしっかり出ているかどうかが気になるようになってきました。まず定位に関してですが、前のスピーカーは片側アクティブ、つまり片方にアンプがまとめて付いているタイプのモデルでした。それが原因なのか、それとも設置の仕方が悪かったのかどうかまでは分かりませんが、定位が若干右にずれていました。さらに、ミックスで使っているヘッドフォン、Shure SRH1540を使って聴くと、スピーカーから出ていない高域があるということも分かってきました。
以前SONAR初見勢による「Cakewalk by BandLab」での曲作りというシリーズで曲を作ってミックスした際は、このスピーカーとヘッドフォンを併用して音のバランスを調整していました。そして、そういうスピーカーの弱点が一度見えてしまうと、今度は普段、曲を聴いたりする際にもそれが気になるようになってきてしまいました。
そこで、ちゃんとしたモニタースピーカーを導入したいと思うようになり、様々調べた結果がDAW、DTM向け自宅用モニタースピーカー特集の記事、ということです。そこでも書いたとおり、モニタースピーカーを選ぶには、予算と設置場所に合わせたサイズで機種を絞り、そこからこだわりをみつけてじっくり調べたり視聴して決めるのが良い、と思います。そうして買ったスピーカーが先週末に届き、1週間ほど使ってみたのでレビューしてみようと思います。

続きを読む

「Umbrella Company SIGNALFORM ORGANIZER」!DIとリバースDIをまとめ、リアンプにも最適なインピーダンス/レベルコントロール機器!

Empress EffectsBondi EffectsなどのエフェクターやFMR Audioなどレコーディング機器などを取り扱う代理店、Umbrella Companyのオリジナルモデルとして、おもしろいDIが登場です。
Umbrella Company SIGNALFORM ORGANIZER 」。

Active Hi-Z端子、Hi-Z In、Amp Out、DI Gainコントロール、HPFスイッチ、Trimコントロール、Inst Level Out端子が前面にあります。


背面にはInst Level Out2、Trimコントロール、Line Level In、Mic Level、Line Level、Amp Out 2、Actibve Hi-Z Inがあります。


Active Hi-Z端子には専用のケーブルが付属しています。

そして、フロントにある8つのDIPスイッチにより、本体の機能を切り替えることができます。アンプアウト用のバッファーON/OFF、DIアウト、インストレベル1とに、それぞれの位相反転、DIアウト、ラインレベルインプットと2つのラインアウトそれぞれのグラウンドリフトを設定できます。

バッファー、DI、リバースDI、レベルコントローラーとして機能するので、オーディオインターフェースと組み合わせて使うことで簡単にリアンプしたり、マイクや楽器を直接接続するDIとして使ったりすることができます。
けっこうシンプルなんですがあるとかなり便利そう。Kemperをはじめとするデジタルアンプでのライン録りにもリアンプはかなり便利だと思います。
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy