きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

アーティストシグネチャーモデルは如何?-国内アーティスト編

音楽における全てのプレイヤーにとって、「憧れのアーティスト」が存在し、また、全てのリスナーにとっても、「偉大なるプレイヤー」は存在するものだと思います。
そういった人の中には、特に熱烈な方がいて、そのミュージシャンと同じモデルの楽器を使いたい!と考えるのは、あるいみ自然なことだと思います。
さて今回は、昨日のブラッキーの記事にも関連しますが、そういった方が魅了される非常に精密なアーティストモデルから、一般のギタリストがメインで使っても、そのアーティストをイメージしないようなモデルまで、いわゆる「アーティストシグネチャーモデル」というのを紹介していきたいと思います。今回は、まず国内のアーティストのモデルからいきたいと思います。
ただ、あんまりマイナーなのは勘弁してね・・・。キリがないので。
では、いっきまっしょう☆

  • TAK MATSUMOTO(B'z)

言わずと知れた国内で最大のセールスを誇るハードロック系アーティスト、B'zのギタリストですね。
今のところ日本人で唯一Gibsonからシグネチャーが発売されていることでも有名です。

Gibson Custom Shop TAK MATSUMOTO Double Cutaway

カスタムショップの製作による、TAKモデルのダブルカッタウェイです。おそらく本人が使用しているものに最も近い、といえるんじゃないでしょうか?キルトトップとフレイムトップが用意され、日本のGibsonオフィシャルサイトのトップにも出てくることがあります。
非常に綺麗な杢はさすがカスタムショップ!B'zのファンならずとも、使っていけるギターではないかと思います。高いけどねw

  • Ken(L'Arc-en-Ciel)

97年の大ブレイクからもう10年近いんですね。未だに人気の衰えを知らないスーパーバンド、L'Arc-en-Cielの激ウマギタリスト、Kenのモデルを紹介します。

Fender系のコピーを作らせたらまさにトップクラスのフェルナンデスによるストラトタイプを元にした、Kenモデルの最高峰ギターです。実際にライブでも、「叙情詩」をやるときには使っていますね。すごい艶のあるクリーントーンだと思ったらPUにKinmanのWoodstock、コンデンサにオレンジドロップを使用しているんですね。ペグにはスパーゼルのトリムロックを採用し、ジャックにスイッチクラフト、シャーラー製ノブと、パーツ一つ一つに高品質なものを使っています。ストラトのことをよく知っているパーツ選びですね。方向性が私のストラトに似ててなんか楽しいですw
クリアピックガード、オリジナルペイントが施されたナチュラルフィニッシュのボディと、個性派モデルのストラトタイプです。こだわりを感じますね。本来は完全受注生産ですが、こちらに用意したリンク先には在庫があります。

FERNANDES LA-85KK

とにかく目立つこと受け合いです。すべてにおいて真っ赤なギターにゴールドハードウェアという目立ちまくりのこのモデル。SSH配置のPUや、フロイドローズタイプのブリッジ/ロックナットの仕様はハードロックと相性がよさそうなモデルです。上で紹介した「叙情詩」とは真逆の方向性をもったストラトタイプですね。これ、売れているそうです。

FERNANDES LD-85KK

LA-85KKをヴィンテージ方向に振ったタイプですね。3TSにゴールドピックガードの組み合わせは独特で、なんだか雰囲気を持っていますね。

  • 薫(Dir en grey)

KOЯNとの全米ツアー、LOUD PARK参戦と、今年になって世界的な活動を展開し、また、ヘヴィネス/ハードコア系にもかかわらず、オリコン10位以内を獲得してしまう脅威のバンド、Dir en greyで主にリードパートを担当する薫のモデルを紹介します。思えばインディーバンドで初の武道館ワンマンライブ、元X JapanのYoshikiプロデュースによるシングル3枚同時発売の衝撃的メジャーデビューと当時のヴィジュ系ブームはあったものの、数々の伝説を残してきたバンドですね。そのルックスから未だにヴィジュアル系と思われがちな彼らですが、その楽曲はすさまじくヘヴィでグルーヴに富み、さらにマリリン・マンソンに勝るとも劣らない過激なライヴパフォーマンスでオーディエンスを圧倒するその姿勢は、作ってきた伝説が「作られたもの」ではなかったことを証明していると思います。個人的にけっこう好きですw

K-GA-580"Ganesa"

薫の初代シグネチャーモデル「ガネーシャ」です。このトゲトゲしたルックスに反して非常に弾きやすく作られたモデルですね。その仕様を見ると、メタル系ギターのツボを押さえた、非常にマニアックなものになっていますので、ちょっと見てみましょうか。
メイプルトップ/マホガニーバックのボディに、ハードメイプルのロングスケールスルーネック、エボニー指板、フロイドローズライセンスブリッジにロックナット、PUはEMG2発、そしてトーンを廃したコントロール系統と、独特ながらもこれでいい音が出ないわけがない、というてんこ盛り仕様。価格もその分高いですが、これはちょっと試してみたいぞ、とw
ちなみにEdwards E-K-100GAという価格を抑えたモデルも出ています。

ESP D-KV-420

そんな薫モデルにニューモデルの登場です。どちらかというとメタル寄りだったガネーシャに比べ、より現代的なスペックを追及したモデルですね。アッシュトップ、メイプル3Pロングスケールセットネックと変わり、また、フロイドローズやEMGをやめてより「ギター本体の音」を求めたセッティングになっています。ダンカンのSHを搭載し、カーボンナットによってアーミング時のチューニングの安定性を出していますね。この仕様変更は、薫自身を含めたバンドの成長が見てとれますね。

  • Die(Dir en grey)

Dir en greyにおいて主にリズムパートを担当するDieのモデルを紹介します。

ESP D-TE-580"DDT"

オールメイプルボディ/ネック、ノンピックガードのキルティッドトップのテレキャスシェイプですね。全てメイプル製というのはちょっと弾いてみたい気もします。
今ではそんなことはありませんが、私はまだ高校生のころはテレキャスの形がキライで、(ストラトもキライでした)Dir en grey大好きだったけれどなんでこんなギター使ってんだ!って思ったものです。改めて見てみると非常に個性的で面白い仕様ですね。
CDを聞く限りでは、ちょっと堅めの、しかしEMGサウンドですね。

ESP D-DR-300

そんなDieモデルも、音楽の方向性の変化にしたがって、新たなモデルを出してきましたね。基本的なテレキャスシェイプをガネーシャ風にとがらせ、アルダーボディにメイプルネックというところはフェンダー系、そしてテイルピースにTune-o-maticタイプのブリッジとエボニー指板はギブソン系というちょっと面白い仕様です。よりヘヴィなサウンドを作るため、スーパーロングスケールを採用している点も注目ですね。アルバム「VULGAR」以降強まったヘヴィネス志向は、これもかなり関係してると思われます。

  • hide(X Japan)

国内アーティストとしてはいち早くヘヴィネスを取り入れたZilch、メロディックスピードメタルとハードロックバラードを融合させたX Japan、そしてロックンロール、パンク、ハードコア、ポップスと、多彩なジャンルを昇華したソロ活動と、とんでもなく広い音楽性を見せながらも98年に急逝してしまったhideのモデルは、8年経った今でも売れ続けています。
そんなhideモデルを紹介します。
かなりバリエーションが豊かで、形式もそれぞれ違うのですが、一挙にいきたいと思います。

Fernandes hide model

基本的にモッキンバードシェイプに24フレットローズ指板という形式のまま、ボディを変えたり、サスティナーをつけてみたり・・・PUもそれぞれ違いますね。こういった多彩なモデルが商品化された背景には彼の人気もさることながら、幅広い音楽性に対応させるためにはどうしても必要だったのかもしれませんね。
彼の魂は今、いったいどこでどんな音楽を作っているんでしょうね。

  • 高見沢 俊彦(THE ALFEE)

アーティストモデルで、この人は欠かせないでしょうね。毎回凝ったボディを持つギターで驚かせてくれるALFEEの高見沢 俊彦さんのモデルです。
あれはもうギターじゃなくて作品ですね。彫刻ですよ、あれはw
ESPの自由なボディ造詣のカスタムメイドがあってこそのものですね。ハードウェア的には、80年代のハードロック系ストラトといった感じです。フロイドローズにディマジオのハム2発。
では、その造形美をご覧ください。

【予約商品】ESP Flying Angel -Fantasia-

【予約商品】ESP Flying Angel -Fantasia-
価格:1,932,000円(税込、送料込)

さて、今回はこのあたりにしておきましょうか。異様にハードロック系に集中しましたが、そういえばパンク系やロックンロール系のギタリストって、シグネチャーモデルを作らないですね。メーカースタンダード品を好んで使う傾向にある気がします。国内、海外ともにそんな気がしますね。
まだまだ紹介し足りないので、次にやるときももう少し国内アーティストモノを見ていこうと思います。



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy