きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

Xoticのミニサイズプレキシペダル!「SL Drive」レビューします!


アメリカのハンドメイドエフェクターブランド、Xoticから新たに登場したドライブペダル、Xotic SL Driveをレビューしたいと思います。

SL Driveは、EP Booster、そしてSP Compressorに続く、Xoticのミニサイズペダル第3弾です。マーシャルプレキシサウンドを作り出すオーバードライブです。
では、レビューいってみましょう!

Xotic SL Drive


こちらがSL Driveです。ミニサイズのドライブペダルで、見ての通り3つのノブを搭載したペダルです。
 

3つのノブのうち2つは大きなノブで、DriveとTone。そして小さなノブがVolumeの設定となっています。シンプルなコントロールですね。
 

アダプター端子は本体奥に設置されています。
 

筐体サイズ比較。EP Boosterとは同じ筐体ですね。Mooer Black Secretと比べると、ほんの少しだけ大きめのサイズです。
 

高さの比較。Xoticのミニサイズペダルは、このように少し高さがあります。
 

その高さがあるせいか、フットスイッチはあまり高さのないものが使われています。ちなみにEP Boosterは普通のフットスイッチだったので、新しいモデルになって改良されたということでしょうか?
 

本体裏面。このSL Driveは内部に4つのDIPスイッチがあり、その組み合わせでいろいろな音を作ることができます。本体裏に書いてあるものでは、左からON/OFF/OFF/ONでMarshall Super Lead(デフォルト)、ON/OFF/ON/ONでハイとミッドをカットしたSuper Lead、ON/OFF/OFF/OFFで+6dBのブーストをしたSuper Lead、そしてOFF/OFF/OFF/ONでMarshall Super Bassの音となっています。
 

そして裏蓋を開ければ、このXoticミニサイズペダルの高さがある理由がよくわかります。そう、このペダルは電池を内蔵することができるようになっています。
 

電池を外すとこんな感じ。電池まわりは、スポンジやテープなどで回路が保護されています。保護されている中にOpampが入っている感じですね。
 

そして4つのDIPスイッチ。これで音を変えることができます。
 



筐体を外すと、中身はこんな作りになっています。横向き、縦向きの基板を駆使して、このサイズに電池とオーバードライブを内蔵しているのが分かります。
 

フットスイッチ周り。このペダルのフットスイッチはDPDTで、リレー式のトゥルーバイパスを採用しています。リレースイッチのチップもここに載っていますね。
 

ノブ周り。ここはコンデンサなど、少し高さのあるパーツがまとめられています。
 


テープで保護されいるあたりに見える、クリッピングダイオード。
 

また、電池の奥にあるスポンジの裏にも、こうして回路があります。
 

というわけで、写真はこんな感じです。このサイズに回路を入れるため、様々な工夫が凝らされていることがよくわかります。
では、レビューいってみましょう。
 

  • 操作性

では、まず操作性から。ミニサイズペダルなので、サイズてきに搭載できるコントロールは制限されます。しかし、その中でDriveとToneにはスタンダードなノブを使い、Volumeに小さなノブを使ったことで非常に高い操作性を実現しています。オーバードライブにとって、Volumeは最初にあるていど設定したら触れないノブで、DriveやToneは音を変えるためによく使うノブです。また、そのVolumeノブも目盛りに着色されているので、今のセッティングはすぐに分かります。
ボード内で場所も取らないし、操作性も高い良く出来たペダルです。
 

  • サウンドレポート

では音を。まずはいくつかサンプルを録ってみました。

サンプルサウンド1(ストラト)


Download

  • 録音環境

ギター:Fender USA American Vintage 57 Stratocaster リアPU
アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング
セッティング:Vol=12:00 Tone=12:00 Drive=12:00 DIP=Super Lead Setting
※最初はギターのVolが7、後は10です。

サンプルサウンド2(レスポール)


Download

  • 録音環境

ギター:Gibson Custom Shop Les Paul Custom リアPU
アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング
セッティング:Vol=12:00 Tone=12:00 Drive=12:00 DIP=Super Lead Setting

サンプルサウンド3(レスポール/Super Bass)


Download

  • 録音環境

ギター:Gibson Custom Shop Les Paul Custom リアPU
アンプ:Koch Classic SE C-SE6C クリーンセッティング
セッティング:Vol=12:00 Tone=12:00 Drive=12:00 DIP=Super Bass Setting

音はこんな感じです。マーシャル系のスタンダードなオーバードライブペダルなので、とても使いやすいです。
で、とりあえずSuper LeadとSuper Bassのセッティングを試してみました。まずSuper Leadのセッティング。このセッティングの音が最もスタンダードなSL Driveの音と言えると思います。実際に弾いてみると、非常に立体的な音といういのが第一印象ですね。結構歪みは強いんですが、コンプレッションが絶妙で、クリーンっぽい音が歪みの芯を通っているような、そんな雰囲気のある音です。音の粒が立体的で、表面に歪みのコーティングがあってその中はクリーン、というような雰囲気です。
プレキシマーシャル特有の張りの強さもけっこうありますが、そこまでパリパリする音というわけではなく、標準的な歪みを作ることができます。特にこの立体感とクリーンの感じはストラトのようなシングルコイルで弾くとより強く感じることができます。そして、この歪み方とクリーンっぽさの絶妙なバランスにより、シングルコイルでもミュートプレイなどでは十分な迫力のある音が出せます。
レスポールで弾くと、ローミッドに強い重心があることがまたよく分かります。シングルコイルで迫力あるミュートができるペダルって、ハムバッカーにすると今度は迫力が出過ぎてモコモコ感が強くなってしまうことがあるんですが、このペダルはシングルでもハムバッカーでもバランス良いミュートや歪みが得られます。そしてハムバッカーではシングルコイルよりも重い音が得られるので、現代的なサウンドも作ることができます。
そして、Super Bassのセッティング。この音にすると、特にローエンドのレスポンスが上がり、ダイナミクスレンジが下方向に広がります。歪みそのものの特性がそこまで大きく変わるわけではないんですが、たとえばローダウンチューニングや7弦ギターなどで使う場合には、Super LeadよりもSuper Bassのセッティングにするとより良いのではないかと思います。音が潰れすぎず、かといって歪みが足りないこともないのが特徴ですね。
他のスイッチのセッティングですが、全体的に基本的な特性が変わることなく、音の微調整的な切替です。少しゲインというか、コンプレッションを強くしたければ右から2番目を、音を暖かくしたければ左から2番目のスイッチをONにすると良い感じです。全部ONでも音が破綻してしまうこともありません。
また、このペダル、Driveノブは12時以降はあまり効きません。12時以降の設定は、ギターのヴォリュームを下げた時の歪み方を調整する感じに使うと良いかと思いました。もちろんゲインは変わりますが、そこまで大きく変わる感じはしませんでした。
Toneはスタンダードな効き、Volumeはかなり大きくすることができます。全体的に出せる音の幅はそれほど広くないんですが、その音がとても使いやすくて良い音、しかもシングルコイルでもハムバッカーでも使える音なのでそこに不満は感じ無いと思います。逆に言うと、試奏でもかなりの特性が分かりやすいペダルと言えるかと思います。
ミニサイズでも使い勝手や音には妥協していないペダルということがよく分かります。
サンプルムービー
サンプルムービー2(ストラト)
サンプルムービー3(レスポール)
サンプルムービー4
バランス良く、使いやすく、コンパクトで手頃。非常にレベルが高く、Xoticの力がよく分かるペダルです。とても良いペダルなので、是非1度試してみてください!
 

 
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy