きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

コンパクトなバッファとしても使用可能!BOSSが考える「ミニサイズ」なチューナー!「BOSS TU-3S Chromatic Tuner」発表!


エイプリルフールかと思うようなモデルが発表されました。
BOSSが考えるミニサイズチューナーとは。
「BOSS TU-3S Chromatic Tuner」。スイッチレスのチューナーです。

こちらはスタンダードなTU-3
この、表示部だけを取り出し、フットスイッチを無くしたのが今回のモデルですね。
本体はバッファードバイパス。バイパススイッチが見あたりませんが、とりあえずアウトプットにバッファはかかるみたいです。ここ最近のバッファペダル特集に載せてもおかしくないような形状で、BOSSのシンプルなチューナー付バッファペダルと言うこともできそうです。

なぜこの形を作ったか。それは、ES-8、そしてES-5の存在。
たしかにスイッチャーに使うなら、ペダルは常時ONでOK。なのでスイッチはいりませんよね、というのがBOSSの主張です。
チューナーとしての機能は、C0(16.35Hz)〜C8(4,186Hz)までに対応する±1セント精度のクロマチックチューナーで、基準ピッチはA4 = 436〜445Hz の範囲で1Hzごとに設定可能。
針式を継承するセントモード、ストロボチューナーのようなストリームモードの表示方法に対応し、クロマチック、ギター、ベース用として使用可能。さらにそれぞれに2つ、ベースは3つのフラットモードを備えます。

もちろん電源供給にも対応しています。
そして、このサイズとなったことで、電池駆動非対応です。
電流使用量の多いマルチエフェクターでさえ電池駆動に対応させるBOSSとして、これは驚き。まぁ常時ONだし入る場所もなかったって事なのかも知れませんが、思い切った決断をしたと思います。

非常に意欲的なモデル。この挑戦はおもしろいですね。
発売されました!
 
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ

Follow my blog with Bloglovin



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy