きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「WALRUS AUDIO SLARP」!ウォルラスオーディオのリバーブSLOとディレイARP-87をまとめた限定モデル!

Walrus Audioから、限定のディレイ・リバーブペダルが登場です。

Walrus Audio SLARP」。
同ブランドのリバーブ、SLOとディレイ、ARP-87を組み合わせたペダルです。

右側がディレイ、左側がリバーブとなっています。
ディレイはARP-87で、4つのディレイサウンドを収録した機能的ディレイ。コントロールはLevel、Dampen、Repeats、Ratio、X、Program。Programノブでデジタル、アナログ、ローファイ、スラップの4種類のアルゴリズムを選択可能。ディレイタイムはタップテンポで設定し、Ratioでテンポに対して設定されるディレイタイムの倍率を選択します。Dampenはいわゆるディレイトーン。Xはデジタル、アナログ、スラップモードではモジュレーションの深さを、ローファイモードではフィルターのかかりを設定します。Levelはディレイエフェクトのみの音量を調整します。
左側のフットスイッチでON/OFF、右側でタップテンポを設定。TapスイッチのLEDは現在のテンポに合わせて点滅します。

左側がSLO。幻想的な3種類のリバーブを収録。
コントロールはDecay、Filter、Mix、DepthとX。Xノブは選択するリバーブにより異なるコントロールとなります。Depthコントロールはモジュレーションを加えることができます。
フットスイッチはBypassとSustain。BypassはON/OFFですね。Sustain、DarkとRiseリバーブでは踏んでいる間Decayが最大に設定されるスイッチで、Dreamリバーブではラッチ式の無限サステインスイッチとなります。

選べるリバーブはDark、Rise、Dream。
Darkはオクターブ下の音を加えたシマーの一種で、Xノブでオクターブ下のシグナルバランスを調整できます。

Riseは立ち上がりが遅いスウェルリバーブ。ヴァイオリン奏法みたいな感じで、立ち上がりがフェードインするリバーブです。Xノブでそのスウェルタイム、音を鳴らしてからリバーブが立ち上がるまでの時間を調整します。プリディレイやアーリーリフレクションとはまた異なる感覚でリバーブの立ち上がりを制御できます。

Dreamは豊かなサウンドリバーブで、音を無限大に伸ばす、パッドリバーブとしても使うことができます。Sustainスイッチで音が無限に伸びます。このモードではSustainスイッチがラッチスイッチとなり、踏めば音が伸びて、もう一度踏めば伸びた音がフェードアウトします。Xノブでヴィブラートを加えることができ、その深さを調整します。

また、ModeスイッチとDepthノブにはセカンダリ機能があり、Bypassフットスイッチを押しながら動かすことでもう1つのコントロールとして使うことができます。
DepthノブはRateコントロールとして、Modeスイッチはモジュレーションの波形選択スイッチとして使うことができます。
選べる波形は、サイン、ワープ(非対称ピッチアップモジュレーション)、シンク(非対称ピッチダウンモジュレーション)となります。

それぞれ個別にインプットとアウトプットを搭載しているので、ボードでのルーティングも自由に行えます。

www.youtube.com

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「SOURCE AUDIO ATLAS」!アプリで多彩なコントロールができる多機能コンパクトコンプ!

Source Audioから、多彩な機能を搭載したコンパクトコンプレッサーが登場です。

SOURCE AUDIO ATLAS」。

本体には6タイプのコンプレッサーサウンドを収録。柔らかなスタジオ系コンプを代表する光学式のLA-2Aサウンド、スピーディな動作でロック系などでも多用されるFETスタジオコンプ、1176サウンド、LA-2AのEL電球の代わりにLEDを使用したサウンド(LA-2A系のコンパクトコンプ的なサウンド)、ハードニーのVCAコンプのモダンサウンドコンプ、そしてパラレルまたはクロスフェードで上下周波数で独立してコントロールできるデュアルバンドコンプレッサーとなっています。

THRESHOLD、RATIO/TONE、BLEND/ATK、OUTPUT/RELの4つのコントロールを搭載。ALTボタンで2つ目のコントロールに切り替えることができます。
また、コンプレッサーをベース用に切り替えることもできます。


さらに、アプリから多彩なコントロールやモードなどを細かく設定することもできます。本体には128種類のプリセットを保存可能。


2つの入出力とControl Input、USB端子を搭載。MIDIからの多彩なコントロールも可能なペダルとなっています。


www.youtube.com

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「KarDiaN irodori onboard」!カージアンとLimetone Audioのコラボレーション!オンボード型irodori!

KarDianが展開するオンボード型のエフェクトのキャラクターモジュールシリーズに、Limetone Audioirodoriが登場です。
KarDian irodori onboard」。

実際にLimetone Audioがモディファイした回路を用いたオンボードモデルです。
LevelトリムポットとVivid/Mellow切り替えスイッチを搭載。
ON/OFFスイッチを使って組み込むことで、いつでも手元でブーストのON/OFFが可能に。すでにキャラクターモジュールシリーズを搭載したギターなら、そのままソケットで付けを変えることができます。
音量をほとんど上げずに音をキラっとさせたりする使い方もできます。irodoriはカッティング用のサウンド作りとしてもすごく使えるペダルなので、その特性をギター本体に入れることができるというモジュールとなっています。


www.youtube.com

Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Mooer STEEP I」「STEEP II」!ムーアーから小型のシンプルなオーディオインターフェイスが登場!

Mooerから小さめのシンプルなオーディオインターフェイスが登場です。

まずは「Mooer STEEP I」。

2つのインプット・アウトプットを持つオーディオインターフェイスです。

1と2の2つのインプットそれぞれの音量とメインアウト、およびミックスコントロール(モニターミックス)を搭載。また、2つのインプットそれぞれにINSTボタンがあり、楽器用のハイインピーダンスにすることもでき、48VのPhantom電源ボタンとS.DIRECTボタンで出力やダイレクトモニターの設定もできます。


TS/XLRコンボ端子が1つと、TSフォン端子が1つ、およびヘッドフォンアウトと音量を搭載。


アウトプットはメインアウト。あとUSB端子と電源用のUSB端子があります。電源端子は使わなければUSB2.0端子からのバスパワーで動作することも出来ます。
 
続いて「Mooer STEEP II」。

こちらはより機能が加えられたモデルです。

フロントパネルは変わりません。

インプット端子が2つともTS/XLRコンボ端子となっています。


また、MIDIインターフェイスが付いています。
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Vivie CORAL CHOIR」!ヴィヴィーからコンパクトコーラスペダルが登場!

Vivieから、初となるコーラスペダルが登場です。

Vivie CORAL CHOIR」。
RATE、DEPTH、MIX、DIMENSIONコントロールを搭載したアナログコーラスペダルです。
DIMENTIONはシングルコーラスとマルチコーラスを連続的にコント路-留することができるコントロールとなっています。

コーラス回路はアナログですが、バイパス部がデジタルスイッチングのバッファードバイパスとなっているということです。
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Moody Sounds BJF Vibravibe kit」!BJFの開発した光学フェイザーを作れるキット!

スウェーデンで個性的なエフェクターやエフェクター制作キットを制作するMoody Soundsから、新たなエフェクターキットが登場です。

Moody Sounds BJF Vibravibe kit」。
ユニヴァイブ的なサウンドを作る、光学式のフェイザーキットです。

DepthとSpeedコントロールを搭載し、フットスイッチでON/OFFとコーラス・ヴィブラート切り替えができるモデルとなっています。
本物の電球とフォトセルを使ったサウンドを作ることができます。

BJFの開発した回路をそのまま使ったキットとなっています。
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Mooer Hornet 15W Pink」「Hornet 15W Green」「Hornet 15W Blue」!ムーアーのコンパクトモデリングアンプに新たなサウンドのバリエーション!

Mooerから発売されているコンパクトなモデリングアンプ、Hornet 15Wに、新たに3つのモデルが登場です。

3つのカラーがありますが、このシリーズはカラーごとにアンプのサウンドの中身が変わるスタイルとなっています。
操作性は基本的に同じで、15W出力で、6.5インチスピーカーを搭載する小型アンプ。9種類のアンプモデルをフロントのダイヤルで選択でき、それぞれのセッティングをプリセットすることができるアンプとなっています。


それぞれGain、Treble、Mid、Bass、Volumeコントロールとコーラス/フェイザー/ヴィブラートのモジュレーションエフェクト、アナログ/テープエコー/デジタルのディレイ、ルーム/ホール/チャーチのリバーブを搭載。
モジュレーション、ディレイはそれぞれ個別のタップテンポを搭載。また、チューナーも内蔵しています。
また、Bluetooth接続に対応し、オーディオを再生することもできます。


背面にはヘッドフォンアウトとAUX INを搭載しています。

まずはこちらの「Mooer Hornet 15W Pink」。
収録されたアンプモデルは、65デラリバ、MarkVクリーン、MarkVディストーション、AC30クリーン、AC30オーバードライブ、EVH5150ディストーション、Two Rock Coralクリーン、Two Rock Coralドライブ、Two Rock Cardiffオーバードライブとなっています。

www.youtube.com


続いてこちらの「Mooer Hornet 15W Green」。
収録アンプはJCM800、JCM900、Orange AD30、フェンダーBlues Deluxeオーバードライブ、プレキシ100、Tone King Falconツイードチャンネル、Tone King Falconリードチャンネル、トリプルレクチ、Orange OR50です。
www.youtube.com


そして、最も個性的な「Mooer Hornet 15W Blue」。
アンプモデルはEVH5150ディストーション、JCM900、Orange OR50、Fender Blues Deluxeクリーン、Vox AC30クリーン、Mark Vディストーション、そしてギターシンセリード、シンセLFO、シンセアルペジオとなっています。

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy