きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「Source Audio SA280 ARTIFAKT」!ローファイサウンドを1つにまとめた個性的なペダル!

デジタル技術を用いて多機能なペダルを多く制作するSource Audioから、個性的なサウンドをまとめたペダルが登場です。

Source Audio SA280 ARTIFAKT」。

ローファイなサウンドを作る様々なエフェクトをまとめたペダルです。
7種類のエフェクトを収録しています。

  • RADIO:音色をローファイ化し、ラジオで聞いたような音に変えます。ランダムなドロップアウトなどのサウンドを加えることもできます。ヴィブラートやノイズを加えることもできます。
  • TAPE:テープマシンで作ったような音を作るエフェクトで、サチュレーションやフラッター、モジュレーション、スラップバック、コーラス、ダブリング、スルー零フランジャーなどのサウンドも作ることができます。
  • μVERB:8ビットや16ビットで作ったリバーブサウンドを作るような構造のエフェクトで、ディレイと組み合わせたローファイリバーブです。
  • CRUSH:ビットクラッシュ、サンプルレートリダクションで音色をローファイ化します。コーラスを加えることもできます。
  • LADDER:ラダーフィルター(フィルターを組み合わせてフィードバックを作る)によりエレクトロのようなフィルタースウィープを可能とします。LFOやエンベロープ、エクスプレッションペダルでの操作もできます。
  • VINYL:ビニールレコードによる音の揺れ、音飛び、ピッチヴィブラートなどを再現します。
  • GLITCH:ランダムに演奏した音を再生したりします。演奏中は演奏を、演奏を止めるとグリッチを加えます。

コントロールはDESTRUCT、FILTER、MIX、VARY、MODノブとBANDWIDTHスイッチ、RATE/DEPTH/SHAPEスイッチとなっています。そして2つのフットスイッチがあります。

DESTRUCTは音の破壊や歪みなどを調整。選ぶエフェクトによって効果が異なります。
FILTERはラダーフィルターのセンターポイントやトーンコントロールです。
MIXはドライ/ウェットバランスです。
VARYは選択したエフェクトにより効果が異なります。
MODはモジュレーションで、RATE/DEPTH/SHAPEスイッチによりパラメータを選択してモジュレーションを操作します。
BANDWIDTHは音のボイシングなどを切り替えます。




ステレオインプット、アウトプットとMIDI IN、THRU、USBとControl Input端子があります。Control Inputボタンを押しながらMIXノブを回すと音量を調整できます。

これらの設定はペダルコントロールから16、MIDIから128のプリセットを保存してアクセスすることができます。
USBからはエフェクトの編集やプリセットのダウンロードをエディタからおkなうことができます。

バイパスモードの選択も可能となっています。
モジュレーションや様々なエフェクトを制御するLFO波形も多彩に選択可能。リアルタイムエフェクト(歪みやサンプルレート、トレモロ、ラダーフィルターなど)を制御するメインLFOは11タイプ、タイムベースLFO(コーラス、フランジャー、ディレイ、リバーブなど)は6タイプの波形を選択できます。


www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Skreddy Pedals Martian Tarantula」!スクレディのトーンベンダーMkIIサウンド!

数々のヴィンテージトーンを作るペダルを制作するSkreddy Pedalsから新しいファズペダルが登場です。

Skreddy Pedals Martian Tarantula」。

火星のタランチュラという怪しい名前のペダルですが、トーンベンダーMkIIやSupa Fuzzのサウンドを元にしたペダルとなっています。

このペダルの特徴は、そのサウンドをシリコントランジスタで再現。そのため安定して使いやすいペダルとなっています。トーンベンダー回路のシリコントランジスタバージョン、ということではなく、Skreddy Pedalsの開発した回路により、シリコントランジスタを使用してゲルマニウムトランジスタのサウンドを再現しています。

コントロールはLEVEL、OVERLOADのみのシンプルな形となっています。


3トランジスタ回路ですね。そしてこだわりのパーツが使われています。


www.youtube.com

 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「TECH21BASS DRIVER DI-HEAVINESS」!the GazettE、REITAモデルのサンズアンプ!

TECH21の定番ベースプリアンプペダル、Sansamp Bass Driver DI V2にシグネチャーモデルが登場です。

2024年4月に急逝されたthe GazettEのベース、REITAのシグネチャーモデルとなります。
2023年8月にスタートした企画で、REITAの指示によるデザインと白いカラーをまとったBass Driver DI V2です。


そしてサインの描かれた赤いプレートが付属。こちらはコレクション時用のものとなります。

プレートを乗せるとこんな感じです。

機能等は通常モデルと同じ。Level、Blend、Drive、Treble、Mid、Bass、Presenceコントロールを搭載。ファントム/グラウンドコネクト XLR、フォンアウトプット(通常のケーブルをつなぐアウトプット)の10dBブースト、XLRの-20dB、ミッドレンジをシフトするMid Shift、ローエンドを切り替えるBass Shiftスイッチを搭載。入出力はインプット、アウトプット、XLRアウト、パラアウトとなっています。

スタンダードなベースプリアンプにJらしいデザインを加えたモデルです。

通常モデルサンプルムービー

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Limetone Audio JCB-5S-Flat」!上にエフェクターを乗せられるジャンクションボックスにMIDI端子が追加!

Limetone Audioが発売するジャンクションボックス、JCB-4S-Flatに新たにMIDI端子を追加したバージョンが登場です。

Limetone Audio JCB-5S-Flat」。

グランドに接続されたインプットと、3つのスルー端子を搭載。合計4つのオーディオシグナルスルーボックスがあります。ペダルボードのインプット、アウトプットとアンプのエフェクトループなど、4系統のオーディオジャンクションボックスがあります。


そして、TRS端子を用いたMIDIするー端子がもあります。MIDI-TRSケーブルが2本付属するので、5PIN DIN端子の接続も可能となっています。
(TRS端子なので、DIN端子両端端子は切断されます)


上面がフラットになっていて、上にエフェクターを乗せられる構造となっています。

Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Ovaltone WARM GEAR 2」!オーバルトーン人気のブースターがアップデート!

Ovaltoneの温かな人気のミニブースターWARM GEARが新しくなりました。

Ovaltone WARM GEAR 2」。

コントロールはBOOSTとMASTER。BOOSTでブーストレベルを調整した後でMASTERで音量を調整可能。つまり、ブースターを強力にかけた状態の音の音量を調整できます。


フットスイッチに加え、側面にもスイッチがあり、足で操作することができます。
側面のスイッチは高域のフィルターを切り替えることができます。

他のエフェクターやアンプとの組み合わせも考慮し、プリブースト、ポストブーストの両方に設置することができるように作られています。
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Matthews Effects The Architect N.004」!ブースト搭載KLONE系オーバードライブ!

スタンダードなスタイルから現代的なスタイルを持つエフェクトにデジタルな機能を加えたペダルを制作するMatthews EffectsのKLONE系ペダルの4世代目が登場です。

Matthews Effects The Architect N.004」。

ブーストを搭載したオーバードライブです。KLONE系の回路となっていますがコピーではなく、独自の解釈を加えた回路となっています。

コントロールはブーストセクションがGAIN、オーバードライブセクションがOUTPUT、GAIN、LOW、MID、HIGHとなっています。3バンドEQを搭載していますね。

OVERDRIVEフットスイッチを長押しすることでクリッピングを切り替えることができます。クリッピングはJFET、LED、シリコン、ゲルマニウムから選択可能。さらにブースターも2種類の回路があり、Super Hard On系のMOSFETブースターとLPB-1系シリコントランジスタブースターを切り替えることができます。


側面にミニプラグのMIDI端子を搭載。オーバードライブ、ブースターそれぞれのON/OFFとクリッピングやブースト回路切り替え、さらにブースターとオーバードライブの接続順をMIDIからコントロールすることができます。

3世代モデルのサンプルムービー

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Sound Project "SIVA" With me,you can win!」!ミニサイズのディストーション!

萌え系なイラストを描いたエフェクターでおなじみの、”痛エフェクター”ブランド、Sound Project "SIVA"から、ミニサイズディストーションペダルが登場です。

Sound Project "SIVA" With me,you can win!」。

3種類のカラーバリエーションがあります。

コントロールはGain、Level。太く存在感のあるサウンドが特徴で、Gainが中程度までならギターVolumeでゲインを調整できる応答性もあります。
内部トリムポットでLEDの明るさを調整することもできます。

イラストはsukabu氏によるものとなっています。
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy