きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「Stomp Under Foot SILVER FOXX」!FOXX TONE MACHINEを再現!

ヴィンテージファズ、特にマフ系のペダル制作に定評のあるStomp Under Footから、70年代のオクターブファズペダルとしてよく知られるFOXX TONE MACHINEを再現したペダルが登場です。

「Stomp Under Foot SILVER FOXX」。コンパクトサイズでシンプルなオクターブファズです。
LEVEL、TONE、FUZZのスタンダードなコントロールで、ON/OFFスイッチとオクターブスイッチを搭載。フットスイッチでオクターブのON/OFFができます。

オクターブ上を作るファズは元の波形と反転した波形を使い、ダイオードで波形を半分に切って2つの波形をミックス、増幅することで振動数2倍の波形(オクターブ上)を作ります。このときダイオードが強引に波形をぶった切るので、オクターブファズ特有のサウンドを作ります。
SILVER FOXXではNOSゲルマニウムダイオードを使い、当時のサウンドに近い音を作っています。

毛羽立った素材で覆われていたFOXX TONE MACHINEの雰囲気を作るため、ベルベットフィニッシュの塗装をしているということです。


www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

7/30 19:00 ボカロ曲新曲投稿します

f:id:toy_love:20210729020236j:plain

7/30の19時に新しいボカロ曲を投稿します。

ちょっとだけティーザーみたいなの作ってみました。
投稿されたら、良ければ聴いてもらえると嬉しいです。
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Fender USA Cory Wong Stratocaster」! Vulfpeckやソロで活躍するギタリスト、コリー・ウォンのシグネチャーモデル!

Fenderから、Vulfpeckのギタリストであり、ソロでも活躍するギタリスト、コリー・ウォンのシグネチャーモデルが登場です。

Fender USA Cory Wong Stratocaster」。

本人が長年使用するストラトキャスターは、かつてFender USAの中では廉価モデルとして位置づけられたHighway Oneストラト。塗装がシンプルで全体的にサテンなモデルです。
同時に、Fenderのアメリカでのアンバサダーも務めており、本人のスタイルと合わせて新たに作られたシグネチャーモデル、という感じです。

基本的にストラトなんですが、ほんの少しだけボディが小ぶりに作られているとのこと。
ボディはアルダーで、サテンラッカーフィニッシュのトランスペアレントサファイアブルーはHighway Oneのサテンフィニッシュをイメージし、よりアップデートしたような形です。

ネックはモダンDシェイプのメイプルネックで、ローズ指板ミディアムジャンボ22F。


ヘッドはスモールヘッド。本人の初期Highway One同様のスタイルで、ストリングガイドが2つ。ストリングガイドもヴィンテージタイプ(丸とか羽根)ではなくより現代的なスタイルです。
ヘッド裏にシグネチャーが入ります。ネックもサテンフィニッシュとなっていますが、指板がコンパウンドラディアスになっている等、より演奏性が高められています。ジョイント部もヒールカットが施されています。


ピックアップはSeymour Duncan Cory Wong Clean Machine セット。
コントロールは1Vol、2Tone、5Wayセレクターで、ボリュームはトレブルブリード・・・下げても高域が減衰しにくいタイプです。トーンはフロントとリアのみとなっていて、センターはトーンを通らない形。さらにリアToneがPush/Pushスイッチで、押すことでスイッチポジション4(フロントとセンターのハーフトーン)に固定されます。どのPUポジションからでも一瞬でハーフトーンに変えられるのは面白いスタイル。リードとバックの切り替えに便利そうな感じ。

ブリッジはヴィンテージスタイルの6点支持シンクロナイズドトレモロ。ペグはロックペグとなります。ピックガードは4プライ。

ハイウェイワンのスタイルを踏襲しつつ、細部をコリー・ウィンのスタイルに合わせたモデルとなっています。

この動画で使われているのが本人のHighway Oneです。
www.youtube.com

今後はこちらのシグネチャーモデルを使用することも多くなっていくのかもしれません。

www.youtube.com

 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「TECH21 BASS FLY RIG V2」!ベース用のFLY RIGがアップデート!

Sansampシリーズでよく知られるTECH21の、アナログスタイルのベース用マルチエフェクターが新しくなりました。

TECH21 BASS FLYRIG V2」。
場所を取らない小さな筐体に、コンプレッサー、サンズアンプ、オクターブ・フィルター、コーラスとチューナーを内蔵したモデルです。

コンプレッサーはFETコンプで、LEVEL、COMPコントロールを搭載。
サンズアンプはONとCHANNELの2つのフットスイッチがあり、LEVEL1、LEVEL2、GAIN1、GAIN2と共通のHIGH、MID、LOWコントロールを搭載。BITEとCHAR(キャラクター)ボタンスイッチもあります。このスイッチでAmpegスタイルとBass Driver DIスタイルの切り替えが可能です。
オクターブ・フィルターエフェクトはMinimoogタイプのベースシンセのように使うことができ、MIX、RANGE、QコントロールとOCTAVE、FUZZボタン。コーラスはCHORUSコントロールがあります。
コーラスのフットスイッチを長押しするとチューナーが起動します。

またインプットのPAD、スピーカーシミュレーターとXLRアウトのグラウンドリフトボタンもあります。

XLRアウトは側面に搭載。

サンズアンプセクションの後にはエフェクトループもあります。

以前のバージョンから新しくなったのは、このエフェクトループとサンズアンプセクションの2つのチャンネルのノブが独立したこと、さらにキャラクター選択ができるようになったことですね。あとデザインかな。

ベースで使えるエフェクトやアンプシミュレーターをまとめつつ、アナログなスタイルで作られたマルチエフェクターです。

www.youtube.com

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

新世代?後継機?発売から2年、“SONY MDR-M1ST”を考える

f:id:toy_love:20210727000354j:plain
新世代のスタジオ標準モニターヘッドホンを目指し、2019年8月に発売されたヘッドフォン、「SONY MDR-M1ST」。

昨今の多彩かつ豊富なヘッドフォン市場における新製品として、これほど“大正義”なヘッドフォンは珍しいです。少なくともヒットは当然、どころか、「今後30年の基準」となるとまで言われる、そんなヘッドフォンとして発売されました。

もちろん、そんな評判になるのは前提があって、それが伝説のモニターヘッドフォン、MDR-CD900STの存在です。

先日、MDR-CD900STの立ち位置を改めて考えてみました。
toy-love.hatenablog.com

今回は、このMDR-M1STがどういうものか考えてみたいと思います。

ではいきましょう。

続きを読む

「Little Walter Series 9 59 Head w/115s cab set」!ロベンフォード使用のアンプが上陸!

アメリカ、ノースカロライナ州でビルダーのPhil Bradburyが全てを手作業で制作するアンプ。Little Walterが正規で日本上陸です。アンプとしては2013年の時点ですでに作られているものになります。
タレットボードすら使用せず、全てのコンポーネントをポイントtoポイントで結んで最小のシグナルラインで作られるアンプで、Vince GillPaul FranklinJames Burtonなど多くのアーティストも使用しています。

この「Little Walter Series 9 59 Head w/115s cab set」はヘッドとキャビのセットで、ロベンフォードが使用するモデルのセットとなっています。

Series 9はNoval (9 pin) プリアンプセクションで、同ブランドの中でより高めのゲインが得られるシリーズ。モデル59は50Wモデルを意味します。
プリアンプに12AX7とフェイズインバーターチューブ、整流に5AR4、パワーアンプに6L6を2本使用した固定バイアスのクラスABアンプとなっています。

NormalとBrightの2つのチャンネルを持ち、それぞれにインプットが2つずつあり、ブリッジも可能。コントロールはBright Volume、Normal Volume、Treble Cut、Mid Cut、Bass Cut、Presenceとなっています。


背面に4Ω以上のスピーカーアウトとラインアウト端子を搭載。

このアンプヘッドはロベンフォードの他にスティーヴンタイラーのアルバムで使用されたり、ジェームズバートンにも使用されているということです。


キャビネットはEminence LEGEND 1518が1発。15インチ1発のオープンバックという個性的なスタイルとなっています。


www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

切れ味鋭いオーバードライブ、「kgr harmony X KUROSAWA 初発刀」レビューします!

f:id:toy_love:20210725042233j:plain
南部鉄器エフェクターでおなじみのkgr harmonyクロサワ楽器のコラボレーションで生まれたオーバードライブ、「kgr harmony X KUROSAWA 初発刀」。

「夢想神伝流居合道の古流初伝 1本目の業名」に由来する・・・要するに居合いの技名から取られたモデル名が付けられたオーバードライブです。モデル名は実際に想神伝流居合道5段を持つというクロサワ楽器お茶の水駅前店のエフェクター担当の人が発案したということです。

どんな感じなのか、レビューしてみます。

続きを読む


にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy