きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「BECOS CompIQ STELLA Pro Compressor with DITOS」!機能的なスタジオコンプにDIアウトが追加!

機能的なデュアルコンプからミニサイズコンプまで、多彩なコンプレッサーを中心に制作するルーマニアのBECOS
コンパクトペダルサイズで非常に機能的なコンプレッサー、CompIQ STELLA Pro Compressorをさらに強化したペダルが登場です。

BECOS CompIQ STELLA Pro Compressor with DITOS」。

大きな6つのノブがRATIO、THRESHOLD、ATTACK、RELEASE、TILT-EQ、GAIN。
そこにKNEE、SCF、EQ PIVOT、TIMINGスイッチを搭載。
THRESHはスレッショルド、閾値で、それを超えたレベルの信号にコンプがかかります。RATIOはコンプがかかった状態でどの程度圧縮するかの調整、GAINはコンプがかかって下がったシグナルレベルを上げるものです。
TIMINGスイッチはFとS、Mがあり、ファストとスロー、マニュアルで、Mモード時にATTACKとRELEASEノブをつかって調整します。

SCFはサイドチェインフィルターの頭文字で、N、L、Dから切り替え。
通常のシグナルは低域のレベルが高くなるため、低域の動きにコンプレッサーが反応します。それを抑え、全体の帯域でコンプレッサーを動作させるため、コンプの動作にかかわる低域のシグナルレベルを抑えるためのもの。実際の音色には影響せず、コンプの動作にのみ影響をさせます。3タイプの動作で、コンプレッサーの掛かり方、とくに掛かり始めをよりナチュラルにすることができるスイッチとなっています。

ペダル下部には3つのコントロールを搭載。MIX、SAT、LEVELコントロールです。MIXはクリーンとコンプのミックス。LEVELはクリーンシグナルのレベルで、ブーストも可能。そしてSATはクリーンシグナルにかけるテープサチュレーションの設定。これはクリーントーンにアナログ感を加えてミックスすることで、全体の音色のバランスを調整するもの。楽曲のミックスとかでプラグインを使う時のような感覚で音色を調整することができます。

内部にTILT-EQをバイパスするものと、クリーンミックス時のクリーン側のローカットおよびハイカットのON/OFFジャンパ、およびDIアウトのグラウンドリフトのジャンパがあります。

DIアウトは手前右側面にあり、TRSステレオアウトでバランスドシグナルを出力します。

通常の使い方ではサウンド等は変わらず、さらに機能が追加されています。

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「LATERAL PHONICS Seamark Reverb」!本物のスプリングリバーブユニットを搭載した、コンパクトかつ9V駆動のリバーブ!

ロシアから面白そうなペダルが登場です。

LATERAL PHONICS Seamark Reverb」。

スプリングリバーブユニットを内蔵したコンパクトペダルです。4つのコントロールノブと2つのフットスイッチを搭載。
荒波と灯台のようなデザインが描かれたリバーブです。

4つのノブはLevel、Amount、Tone、Impact。
Levelは音量、Amountはクリーンとリバーブのバランス。Impactはスプリングコイルに入力されるシグナル量。シミュレートじゃなくて本物のスプリングコイルです。Toneはリバーブのハイカットです。

フットスイッチは右がON/OFF、左はSPLASHで、踏んでいる間Imactが最大に設定されるモメンタリスイッチです。

駆動はアダプター。普通のエフェクターと同じセンターマイナスDC9Vアダプターです。


www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Gibson Limited Edition SG Standard w/T-Type」!めっちゃミリタリーな限定SG!

Gibsonから、限定のミリタリーなSGが登場です。
「Gibson Limited Edition SG Standard w/T-Type」。
SG Standardをベースにしたモデル。

マホガニーボディ、スリムテーパーのマホガニーネック、ローズ指板22F仕様。

ピックアップは現行335のT-Type Humbucker。
2Vol、2Tone、3Wayセレクター。トーンはオレンジドロップキャパシタ。アルミストップバー+ABR-1ブリッジとなっています。

カーキ的なオリーブカラーでに鼈甲柄スモールピックガードのスタイル。
このあえてブラックじゃなく鼈甲ってところが、ミリタリーっぽいスタイルで内装が木目なSUVみたいな感じのイメージで、逆に無骨っぽい感じですね。
ブラックピックガードだとガチミリタリーっぽすぎるところをちょっとはずしてるのが良い感じです。
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Blackstar DEPT.10 BOOST」!ブラックスターから真空管ブースターが登場!

Blackstarから真空管を搭載したコンパクトなブーストペダルが登場です。

Blackstar DEPT.10 BOOST」。

クラスAゲインステージにパッシブのバクサンドールEQ(2バンドEQで音色をコントロールする、アンペグから有名になったEQ)を搭載したブースターです。

ECC83真空管を200V以上で駆動するスタイルのペダルです。
Boost、Low、Highコントロールを搭載。
また、バッファ・ラインドライバーを内蔵していて、バッファードバイパスとなります。

Blackstar DEPT.10 BOOST
9V500mA駆動。電流は大きいですが、アダプターが付属しています。


www.youtube.com

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Barber Electronics」が復活!各モデル小さくなって日本再上陸!

Barber Electronicsが帰ってきました。
長年ハンドメイドエフェクターを制作し、その音の良さに定評がありました。
ここ数年は日本に代理店がなく、楽器店からも姿を消していましたが、また入ってくるようになりました。
全てMXRサイズのコンパクトペダルになっています。6機種見ていきます。

まずはこの上に載せたペダル、「Barber Electronics Direct Drive V4」。
以前入って来た頃はV2とかだったので、アップデートされたモデルとなっています。ブリティッシュスタイルのサウンドを基本としたオーバードライブ~ディストーションペダル。
Volume、Tone、Driveコントロールと2つのスイッチがあり、左上がミッドレンジ、右上がゲインの切り替えとなっています。
プレキシ系から、よりハイゲインなトーンまでをカバーしています。

www.youtube.com

続いて「Barber Electronics Burn Unit」。
こちらもオーバードライブ~ディストーションですが、Direct Drive V4よりゲイン高めな感じです。Volume、Tone、Burnノブで、左上にミッドレンジ、右上にダイナミクススイッチがあります。
内部トリムポットでローを調整できます。

www.youtube.com

続いて「Barber Electronics Gain Changer」。
これもオーバードライブ~ディストーションですが、こちらは逆にローゲイン系。ただゲインレンジが非常に広いのも特徴です。
Volume、Tone、Gainコントロールと左上に2タイプのEQ、右上にゲインスイッチとなっています。

www.youtube.com

続いてファズ。「Barber Electronics Exacta」。
トライアングル期ビッグマフを基本としたペダルです。接続順を気にせず使えてハムでもシングルでも使えるファズです。
Volume、Tone、Fuzzコントロールと、左上にミッドを主に切り替えるEQ、右上はシングルやハムなどPUに合わせたトーンを切り替えます。

www.youtube.com

続いて「Barber Electronics Tone Press V2」。コンプレッサーです。
クリーンブレンドを行うNYスタイルのレコーディング技をエフェクターに適用。今だとそれほど珍しくありませんが、開発されたころは珍しい機能でした。
それをシンプルなコントロールで使いやすくするため、独自のブレンド回路を用いたというペダルです。
Volume、Blend、Sustainコントロールと左上のアタックスピードのSpeed切り替え、右上でトップエンドを切り替えるBrilianceスイッチとなっています。

www.youtube.com

最後にこちら、「Barber Electronics Linden EQ」。
ベース用EQです。ニュージャージー州リンデンのアンプメーカー、つまりAmpegがかつて制作した伝説的なアンプ、フリップトップで持ち運び時にヘッドを収納できるPortaflexシリーズのEQを基本としたペダルです。
Volume、Treble、Bassコントロールと、左上のConotur、右上のInputスイッチとなっています。
旧タイプのサンプルムービー

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「Fuzzrocious Pedals Electric Ocean」!ファズとフェイザーを組み合わせ、接続順切り替えも可能なペダル!

個性的なアイディアでエフェクターを制作するFuzzrocious Pedalsから、同ブランドでは初となるモジュレーションペダルが登場です。

Fuzzrocious Pedals Electric Ocean」。

フェイザーに、なぜかファズを組み合わせたペダルです。ファイザー・・・いやなんでもない。

タツノオトシゴが描かれた可愛いペダル。上部のスイッチで、ファズとフェイザーの接続順切り替えと、ファズ自体のON/OFFとなります。
ノブは、ピンクがフェイザーで、Volume、Rate1、Rate2。黄色がファズで、Volume、Toneコントロールとなります。
ファズのゲインは固定、フェイザーのかかりの深さは内部トリムポットで調整します。

右側のフットスイッチでエフェクトON、左側でフェイザーのRate1とRate2ノブを切り替えます。

ただのフェイザーではなく、あえてのデュアルRateで、さらにファズを加えたペダルです。


www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加

「One Control Honey Bee OD」「Dyna Red Distortion 4K」!ワンコントロールのBJFEペダルが新デザインに

One ControlのBJFEペダルが新しいデザインになりました。

これまでミニペダルが順に新しいデザインになっていて、一部はアップデートされたりしていましたが、MXRサイズのBJFEペダルも新デザインです。

One Control Honey Bee OD」。
これまでのHBODの新デザインバージョン。機能等は変わってない感じです。

コントロールはVolume、Nature、DriveとModern/Vintageスイッチとなっています。
NatureはHBOD特有の、ミッド付近を中心に調整することの出来るコントロール。ModernとVintageは、BJFEの今のHBODと初期HBODのサウンドを切り替えるスイッチとなっています。

www.youtube.com


もう1つが「One Control Dyna Red Distortion 4K」。
こちらもこれまでのHBODと同じモデルです。
コントロールはVolume、Drive、Presence、Treble。
Presenceノブにより、プレキシライクなサウンドのコントロールができるようになったDRDです。

www.youtube.com
 
Lineアカウントからブログ更新をお知らせ!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy