きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

ヤンギにNik Huberが載ってたのでちょっと書きたい


普段ヤンギって買わないんですが、ちょっと見たらNik Huberが載ってたのでつい買ってきました。

Nik Huberって雑誌に載ることはすごい珍しいんですよね。そもそもが珍しいギターですから仕方ないですけど。
あ、うちにあるNik Huberについてはレビュー記事を見てもらえればと思います。
で、今回は「個性派ブランド・エキシビション 〜欧米編〜」という特集の中に掲載されていて、Web連携でデモ動画もあったりします。
[動画]個性派ブランド・エキシビション 〜欧米編〜 スペシャル・デモンストレーション by Mitsuyo
Nik Huberの動画

最初は歪み、その後クリーントーンとなるんですが、このクリーンでのハムとコイルタップの音の違いが見所です。持ってると全部、あードルフィンの音だってなりますが、音を聴いたことがある人ってあまりいないと思います。

その後コメントでも言われているとおり、ひたすらに真面目に作られたギター、それがNik Huberですね。ジョイント部のヒールカットの演奏性の高さはもちろん、ピッチの良さというのも確かにあります。スペック上はロングスケールのレスポールみたいな感じで普通の作り、フレットも別に変わったところがあるわけではないのに、全体のピッチ感が良いんですよね。これってギターの作り、組み込みが作ってる音なわけですね。このクラスのギターってさすがにこれしか知りませんが、実際にDolphinを買って、初めてこのハイエンドなギターって本当にすごいんだと思いました。
あと動画では触れられていませんが、サステインの長さ、ヴィブラートのかけやすさなんかも全然違います。ピッキングハーモニクスもすごい簡単に出ます。全てにおいて操作性が高いんですよね。
音は恐ろしく上品です。これも動画の通りですが。PRSをさらに上品にした、みたいな音ですね。また、逆に完璧すぎるギターであるが故にもう少し癖のある音が欲しくなることはありますね。
あと動画のモデルはToneがPush/Pullでコイルタップとなってましたが、うちのモデルはPush/Pushでコイルタップをすることができます。その辺はモデルの違いなのか、制作時期の違いかもしれませんね。
そういやNik Huberっていつからニック・ヒューバーになったんですかね。昔はニック・フーバーでしたがw

ということで、ヤンギにNik Huberが載ってたので記事にしてみました。
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy