きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「One Control Blue 360 AIAB」!あのAcoustic 360アンプのサウンドを再現したミニペダル!

様々なアンプサウンドを再現するAIABペダルなど、多くのBJFデザインのペダルやスイッチャー等を制作するOne Controlから、新しいベース用ペダルが登場です。

この「One Control Blue 360 AIAB」は、ヴィンテージベースアンプ、Acoustic 360/361のセットのサウンドを再現するペダルです。


Acoustic 360 demo- DiPinto Guitars

Acoustic 360/361は、上に乗っているアンプヘッドのような360がプリアンプ、下側のキャビが361で、普通のベースキャビネットではなく、底部に400Wパワーアンプを内蔵し、大口径スピーカーを後ろ向きに搭載するという変わったスタイルのアンプです。
これは70年代当時、100Wクラスのギターアンプの歪みに合わせられる、ほんの少し歪んだクリーンなベーストーンを作るため、歪みにくいトランジスタパワーアンプを使った大出力400Wのベースアンプを作ったのではないか、ということで、そのサウンドを再現しています。

コントロールはVOL、TREBLE、MID、BASS。3バンドEQとして使うことも可能ということですね。

側面、アウトプット端子の下にはスライドスイッチを搭載し、これで通常の0dBモードと-18dBモードを切り替えることができます。いわゆるPADのように使ったり、接続したアンプを歪ませること無く、前段の歪みエフェクターと360のサウンドを作ったりするときに使うためのモードということですね。

相変わらずこのサイズで電池が入る構造となっています。
360系のベースペダルはかなり数が少ないので、これはおもしろそうですね。
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy