きになるおもちゃ -ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト-

ギター・エフェクター・アンプ・DTM関連の情報サイト


きにおも@Twitter
Facebookアカウント
instagramアカウント
Line@アカウント
きになるおもちゃ@Lineブログ

がっきや速報
楽器店のセール情報や限定特価品をまとめてみます

ボカロ曲

リンク切れ等がございましたら、メールかコメントに書いていただくと助かります



きになるリスト(ニコニコ動画) Youtubeチャンネル Instagram

※記事中に表示している価格は変動することがあります。参考程度に見てください。
当サイトの内容を説明文等に使用している楽器店さんがあるようですが、一切関係がありません。

「Marshall DSL100H」「DSL40C」!マーシャルのDSLがアップデート!さらにJCM2000に近づけたサウンドに!

Marshallが2012年発売した、JCM2000の復活モデル、DSLシリーズがアップデートされました。2017年に生産完了となりましたが、同じモデル名のまま復活です。

↓以前のモデル発売当時の記事
toy-love.hatenablog.com

Marshall DSL100H」は100W出力のアンプヘッドです。

プリアンプの設計を見直し、JCM2000サウンドにさらに近づけたモデルです。真空管は4×ECC83と4×EL34。100Wと50Wを切り替えて使うことができます。Classic GainとUltra Gainの2ch仕様。Classic Gainチャンネル、Ultra GainチャンネルそれぞれにGainとVolumeコントロールを搭載。Classic GainにはClean/Crunch切替、Ultra GainにはLead1/Lead2の切替スイッチが付きます。EQはTreble、Mid、Bass、Presence、Resonance、およびTone Shiftスイッチ。Resonanceコントロールはローエンドの調整で、Tone Shiftはミッドレンジをカットすることのできるスイッチとなります。そして、Classic GainとUltra Gainそれぞれで調整できるリバーブコントロールを搭載しています。リバーブはスプリングリバーブをシミュレートしたデジタルリバーブです。
マスターセクションのMasterコントロールが2つあり、音量を切り替えて使うことも可能になりました。50W出力でも音色の変化が少ないように調整されているということです。

背面の機能も追加。スピーカーアウトに加え、スピーカーエミュレートアウト、そしてMIDI INを搭載。ラインアウトやMIDIによるコントロールに対応し、より快適にプレイできるようになりました。


Namm 2018: Marshall DSL100H-R Sound Demo (no talking)

そして、コンボモデルの「Marshall DSL40C」も同様にアップデートして復活。

パワー管のEL34が2本になっている点以外は基本的に機能は同じ。40W/20W切り替えて使うことができ、ラインアウトやMIDIコントロールにも対応しています。
スピーカーは12インチCelestion V-Typeを1発、という形となっています。


Namm 2018: Marshall DSL40C-R Sound Demo (no talking)

よりモダンなスタイルで使いやすく、音色もオリジナルJCM2000シリーズに近づいたモデル。復活という形ですが、モデル名変わっていませんので正常進化で継続された、という感じになるかと思います
 
Lineアカウントから1日1回ブログ更新をお知らせ!
Lineブログ更新中!
がっきや速報
人気blogランキングへ にほんブログ村 音楽ブログへ 友だち追加



にほんブログ村 音楽ブログへ
免責:
紹介している商品のリンク先の販売店、およびメーカーと管理人は関係ありません。
仮に御購入の際になんらかのトラブルがおきましても管理人は責任を負いかねます。
当サイトは楽天アフィリエイト、Amazon.co.jp アソシエイト、Yahoo!アフィリエイト、アクセストレード、A8.net、リンクシェア、Google Adsence、iTunesのリンクを使用しています。
また、当サイトと同じ改造を行って何らかの問題が発生した場合も責任は負いかねます。ご了承ください。
Privacy Policy